日野期間工女子寮恐怖体験!その②

おばけ, 恐怖

スポンサーリンク

ふたつめの恐怖体験は、「足音」です。

五ノ神寮は部屋にロフトがついています。ロフトには梯子を使って上るのですが、ほとんどロフトに上ることはなく、ほぼ荷物置きとして使っていました。

その、ロフトから、何度も、足音が聞こえるのです。。

「どんどんどんどん!」

明らかに人が歩いている音がするのです。(しかも結構激しい)

ちなみに、あたしは二階に住んでいたのですが、五ノ神寮は二階建ての為、上に人がいるはずはありません。

怖いけど、そのたびロフトに上って人がいないか確かめにいっていましたが、誰もいませんでした。。

結局退寮するまで真相はわかりませんでしたが、超怖かったです。。

あと、これは神明台寮にいるときの話ですが、友達とTV電話をしている時、いつの間にか閉めてあったはずの通路と部屋を繋ぐドアが開いていたということがありました。

(通話中一度も通路に行っていませんし、友達もさっきは閉まっていたと言っていました💦)

期間工の求人はこちら↓↓

求人情報

期間工ブログランキングに参加してます♪

通話をする前に、通路に干してあった洗濯ものを隠すためにドアを閉めていたので、絶対閉めていたはずなんですが、、Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

あとあと、金縛りも頻繁にありました。

でも、それは疲れていたりしてたせいかなとも思います。

ちなみにあたしは金縛りにあったとき、絶対に目を開けません。(笑)

なんか見えちゃったら怖いので。。

中学生の時、お昼寝中に金縛りにあって、昼間だし家族も近くにいてあまり怖くなかったので、一度だけ目を開けたことがありました。

少し離れたところに、洗濯ものを畳んでるお母さんが見えました。。。

声が出せず、苦しんでいるあたしをよそに、お母さんは3回連続くしゃみをしました。

「ふえくしょん、ふえくしょん、」「ふえくしょん!!!」

(あたしの母のくしゃみはめちゃくちゃでかいです。)

3回目のくしゃみで、なぜか「ぱっ」と金縛りが解けました。

めちゃくちゃどうでもいい話でした。(笑)